原状回復工事マニュアル|道路のアスファルト舗装で快適ロード

3人の男性

便利に利用できる

男性

舗装を行なう際には様々な建材がありますが、仕上がりを良くして長持ちさせたいのであればアスファルト舗装を行うのが一番なのです。同じような性質のコンクリートよりも使い勝手がいいので利用してみましょう。

More Detail

駐車場を作る際に利用

ビル

企業では人数が多くなるとアスファルト舗装を行なって駐車場などの施工を行なうことがあります。アスファルトを利用することによって得られる点が多いという事もあり、満足度も高いので利用してみましょう。

More Detail

舗装工事をしよう

ビル

大型の車などが雨が降った後の道を通ると真ん中に大きな穴が出来てしまうことがあります。このような穴は車を傷つけてしまう可能性があるので舗装工事などを行なう必要があるでしょう。

More Detail

舗装工事を行なう

風景

アスファルト舗装のあり方

今では珍しくないアスファルト舗装された道路ですが、昔は地道が当たり前でした。そうしたことで、地道ですと道路に穴が空いてしまうのも珍しくはないです。地元の方であれば年に数回、道作りなどの名目で地元行事に組まれていました。この時などは、地道に、砕石を入れ平坦にするものでした。しかしながら、アスファルト舗装が主流となった現在では、道路に穴が空くことなど滅多にありません。仮に穴が空いたとしても、管轄する市町村が修理をしてくれますので、何も行わなくても良いです。道路の現状復帰を行ってくれるアスファルト舗装にも、しっかり舗装を行うものもあれば、応急処置用のレミファルトというものもあります。大部分の担当する市町村はこの材料で処置しています。

舗装の行なう時期について

アスファルト舗装の工事を多く施工する時期が、3月から4月にかけてが多くなります。これには理由があります。アスファルト舗装の工事については、大きな面積で行えば、工事費も安く抑えられるからです。小規模な舗装ばかりですと、なかなかできません。アスファルト舗装を行うには、固まりやすい温度というものがあり、小規模なものが多数ありますと、移動している間に温度が下がってしまうことがあります。これを利用して道路の現状復帰であるアスファルト舗装はできますが、出来具合はよくありません。このことから、できるだけ広範囲のアスファルト舗装の直しが必要になるまで放置するわけです。それまでの間は、簡易の舗装材で、しのぐこととなります。簡易材料も単価的には3000円弱は値段するものです。アスファルト工事で原状回復を行なう際は、マニュアルとなる指標を見ながら対策を講じていきましょう。

Copyright© 2016 原状回復工事マニュアル|道路のアスファルト舗装で快適ロード All Rights Reserved.