大切な愛犬を癌に侵させない為に知っておきたい3か条

家族と犬

愛される犬種だからこそ

ドッグ

日本で昔から人気のある犬種が柴犬です。しかし性格もまちまちで、希少な白柴や胡麻柴はなかなか手に入りません。そういうときは、ブリーダーから購入するのが一番です。価格も安い上に、健康管理も徹底しています。

Read More..

旅行には欠かせない施設

動物

成田空港の近くにはペットホテルもたくさんあります。海外旅行の際などはペットを連れていけないことも多く、ペットホテルを利用する人も多くなっています。空港の近くであれば、引き取りや預けに行くのも手間がかかりません。

Read More..

ペットの繁殖なら

ミニチュアダックス

心の癒しになるペットを購入するために知っておきたいのは、品質管理の行き届いたブリーダーを利用するというポイントです。愛玩動物の育成に長けた業者が多いことも、ブリーディング業の大きな特徴になっています。

Read More..

さまざまな施設

ドッグ

定期健診を受けさせよう

癌を早期発見するには、動物病院で定期健診を受けることが重要になってきます。年に1回から2回は受けるようにしましょう。血液検査やレントゲン検査で、癌などの病気を早期のうちに発見することができます。ただ、愛犬を動物病院に連れて行くのが困難と言う高齢者が増えています。しかし、最近は無料の送迎サービスを行う動物病院も多くなってきました。犬を飼っている高齢者にとって非常にありがたいサービスでしょう。送迎サービスを行っているかどうか確認してみることです。また、犬の癌などの病気を防ぐには、動物病院だけに頼っていてはダメです。飼い主も努力しましょう。犬の体のことを考え、きちんとした食事を与えることです。手作り食は有効でしょう。

ホスピスもある

飼っている犬が癌になった場合、多くの飼い主は手術を選択するでしょう。しかし、手術に耐える体力がない犬もいます。その場合、手術をせずに最期の日まで自宅で過ごさせる飼い主も多いです。しかし、ケアはなかなか大変です。なので、負担を減らす工夫をしましょう。ペットホスピスや老犬ホームを積極的に利用しましょう。これらの施設では心と痛みを和らげる治療を行ってくれます。自宅で過ごさせるよりも色々なメリットがあります。最大のメリットは、飼い主と犬の両方の負担を減らすことができると言う点です。もちろん、食事や散歩なども職員が全て行ってくれます。至れり尽くせりのサービスと言ってもいいでしょう。年々利用者も増えてきました。